末広型二重整形おすすめクリニック2019

ぱっちりしたかわいらしい目になりたくて、アイプチや二重メイクで、自然で愛らしく見える末広型二重が人気ですね。

でも、毎日メイクするのが面倒だったり、アイプチやテープのせいでまぶたが肌荒れしてしまうこともあります。

プチ整形で末広型二重整形を受けてしまえば、そんな悩みからも開放されますね。

そんな末広型二重整形で実績のあるおすすめクリニックを紹介しましょう。

末広型二重整形のおすすめクリニック

ガーデンクリニック

手の温もりが感じられる美容医療を目指していて、患者の立場に立った治療が受けられます。
自然でかわいらしく見える末広型二重整形も、安心しておまかせできるクリニックです。

詳細なカウンセリングで二重のラインをしっかりと相談できて、理想に近づけるよう尽力してくれます。

メスを使わない埋没法や本格的な二重のラインを形成できる切開法まで、いくつもの治療がそろっています。

医師は高い技術力を持った方がそろっていますし、アフターケアシステムで術後のメンテナンスや相談も可能です。

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニックでは患者とのコミュニケーションを大事にしていて、悩みや不安を相談しやすいです。

末広型二重整形としては埋没法や切開法など幅広い治療法がありますし、グラマラスラインでかわいいたれ目にすることもできます。

埋没法の2点留め料金がとてもリーズナブルで、2万円以下ととても魅力的です。

患者さんが納得するまでカウンセリングを重ねてくれて、念入りなシュミレーションでラインのデザインも検討してくれます。

もとび美容外科クリニック

生まれ持った本来の美しさをベースに、その人にしかない美しさを引き出せる治療を行ってくれます。

症例数は5万件を超えていますから、しっかりした実績があり安心して治療が受けられます。

末広型二重整形になれる治療方法が豊富で、一番お値段が安いクイック法だけでも8種類もあります。

二重にする選択肢が多いですから、自分に合った方法が見つかりやすいです。

最新の技術や設備を取り入れて、痛みや腫れなどが最小限ですむよう取り組んでいますから、ダウンタイムも短くてすみます。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは日本だけでなくアジアで一番多く二重整形をお行っていて、2018年だけの実績で7万症例を超えています。

オリジナルな二重治療法を編み出していて、2017年には湘南二重術という方法が発表されて話題になっています。

末広型二重整形としてメスを使わない一番人気のクイックコスメティーク・ダブルは、腫れがほとんどなく取れにくいと話題です。

他にもメスを使わない埋没法が5種類もありますし、メスを使った方法でもダウンタイムが極力短い方法で行ってくれます。

東京形成美容外科

患者に安心感を与えられるようにと、アットホームな雰囲気作りに力を入れています。

院長は二重手術の症例数4万件という実績がありますし、芸能人などの治療も手がけたプロフェッショナルですから安心です。

人気の末広型二重整形である埋没法の料金も安いですし、片目1点留めでも1年保証が付きと手厚いアフターケアが受けられます。

仕上がりのイメージに徹底的にこだわって、カウンセリングやシミュレーションがありますから、不安や心配なく治療に取り組めます。

東京ヒルズクリニック

美容医療を身近なものに感じてもらえるようにと、様々な取り組みを行っています。

クリニックでのカウンセリングはもちろんのこと、電話やメール、LINEでの相談にも応じてくれます。

院長は美容医療に20年も携わっているベテランで、末広型二重整形にも精通しています。

埋没法や切開法などその人に合った方法で、的確な治療が受けられます。

クリニックはホテルやエステサロンにようなラグジュアリーな雰囲気ですから、きれいを目指す女性にはぴったりです。

蒙古ひだについて

蒙古ひだとはどんなもの?

蒙古ひだは目頭に覆いかぶさっているひだのことで、英語では「モンゴリアン・フォールド」と言います。

その名の通りモンゴリアンこと黄色人種に多く見られ、日本人もこの蒙古ひだがある人が8割程度です。

この蒙古ひだに目頭の二重ラインが隠されてしまって、末広型二重という目尻にかけて二重のラインが広くなる形の人が多いです。

蒙古ひだがあると優しい印象を与えられて、老けにくいです。
西洋人などはこの蒙古ひだがありませんから、二重のラインが目頭からくっきりと刻まれている平行型の人のがほとんどです。

若々しくかわいらしいイメージに

蒙古ひだがあると丸みを帯びた目の形になりやすく、かわいらしい印象を与えることができます。

蒙古ひだには厚みがありますから、まぶたにハリを与えてくれて老けにくいというメリットもあります。

蒙古ひだのない外人は年を取ると一気に老け込んでしまいますが、蒙古ひだのある日本人は目元のハリが維持されて若々しくいられます。

小じわやたるみを軽減する働きがありますから、蒙古ひだがある人の方がない人よりも若く見えます。

そんなかわいらしさを求めて、プチ整形では末広型二重整形にする人も多いですね。

末広二重とは?

日本人に多い末広型二重

二重には主に2種類のものがあり、日本人に多いのが末広型二重という形です。

目頭の二重ラインが蒙古ひだに隠れていて、自然に目尻にいくにつれて二重のラインが広くなっています。

日本人の8割くらいがこの末広型二重で、かわいらしい目の印象になります。

自然でやりすぎ感がない二重のラインが素敵だと、最近はプチ整形でも末広型二重整形を選ぶ人が多いですね。

ぱっちりデカ目になれる平行型二重

平行型二重は西洋人など外人に多い二重の形です。
目頭の涙丘がしっかりと見えていて蒙古ひだがありませんから、目頭から目尻にかけて二重のラインが目と平行になっています。

目を大きく見えることができてメリハリのある立体感のある顔になれますから、ハーフ顔やデカ目になりたい人の憧れの二重です。

ちょっと前まではプチ整形でもこの平行型が大人気でしたが、末広型二重と人気を二分しています。

蒙古ひだがある日本人が平行型二重にするには、プチ整形で目頭の切開手術が必要な場合もあります。

末広二重の魅力とは

末広型二重は日本人に合った二重の形ですから、顔になじみやすく自然で魅力的だというメリットがありますね。

目が小さく見えて丸みを帯びた形になりますから、愛らしく童顔でかわいらしい印象を与えられます。

蒙古ひだは肉厚で保護効果もありますから、意外にも目元のしわやたるみを防いでくれます。

同じ年齢でも西洋人よりも東洋人が若く見えるのは、末広型二重の影響によるものです。

老けにくくて見た目年齢を若々しく保てます。
そんな理由から、奥二重や一重の人がプチ整形で末広型二重整形を選ぶ人が増えています。

ナチュラルな仕上がりでかわいらしさもプラスされ、さらに目が大きく見えるというメリットがありますね。

自力で末広二重をつくる方法とは?

末広二重をつくるなら末広型二重整形手術を受けるという方法がありますが、まずは整形ではなく自力で末広二重を作る5つの方法をご紹介します。

手軽で簡単!アイプチを使う方法

末広二重を作るときに、最もポピュラーなのは“アイプチ”を使う方法です。

アイプチとは本来はイミュという会社が作っている一重まぶたを二重に見せるためのアイテムの商品名ですが、現在では「二重まぶた形成化粧品」全般がアイプチと呼ばれています。

アイプチは糊や接着剤のように粘着力のある液体で、それをまぶたに直接塗ることで目元の印象を変えていきます。

そして、末広二重をつくるときのポイントは「目頭側に液を多めに塗ること」です。

アイプチは使い続けているうちに二重の癖がついてくるという方もおり、そうなれば道具を使わなくても末広二重が出来るようになる可能性もありますね。

ただし、アイプチを使うことで皮膚のかぶれなどお肌に異常が出る場合もあります。

もし炎症等の症状があらわれた際にはアイプチの使用は辞めて、皮膚科など専門の医療機関にご相談ください。

初心者さんにおすすめ! アイテープを使う方法

“アイテープ”とはシールのようなものをまぶたに貼ることで、二重のラインを作るアイテムのことをいいます。

アイテープは液体のものとは異なり、量を調整したり乾かしたりという手間がかかりませんので、忙しい方や初心者におすすめです。

末広二重をつくるときは「目頭側を低めの位置」に貼るようにしてみましょう。

なお、アイテープもアイプチと同様に、使用を続けるうちに二重の癖がつくことがあるといわれています。

ただし頻繁に使い続けると皮膚が炎症を起こすことがありますので、使うときはしっかりとまぶたの状態をチェックすることを忘れないようにしましょう。

家にあるものでも出来る 絆創膏を使う方法

アイプチやアイテープなどのアイテムが無くても、絆創膏を使えば末広二重を作ることが出来ます。

こちらは絆創膏の端のアーチ状になった部分を細くカットし、好みの二重のラインに貼るという方法です。

とくに末広二重をつくるときは、二重幅をあまり取らないように調整しながら貼っていくと、理想的なラインが作りやすいですよ。

なお、絆創膏は防水タイプなど剥がれにくいものを選ぶようにしましょう。

また、色味も透明タイプなど目立たないものがおすすめです。

デカ目効果もあり?! つけまつげを使う方法

日頃から“つけまつげ”を使っている方には、つけ方をちょっと工夫するだけで末広二重に見える可能性があります。

やり方は「目尻の方に向かうにつれて少しずつ、上にずらしながらつける」だけです。

なお、使用するつけまつげは芯が固めのものを選ぶと使いやすいですよ。

いつものメイクにひと手間 ダブルラインでつくる方法

いつものアイメイクにひと手間加えるだけで、末広二重風の目元を作ることができます。

その方法は、まず、アイホール全体にブラウン系のアイシャドウをのせてベースを作るところから始めます。

次に。同系色(ブラウン系)のアイライナーを使用して、好みの二重ラインを濃い目に大きく描きましょう。

そしてこのラインを綿棒などで目頭に向かってしっかりとぼかし、さらにラインの内側にホワイト系のアイシャドウを入れて下さい。
最後は目の際に好みのラインを引けば完成です。

この方法は実際に末広二重を作るというよりは、末広二重に“見せる”という方法なので、至近距離で見られるとバレやすいですが遠目ならほぼ問題ありません

整形で末広二重をつくる方法とは?

埋没法

埋没法とは糸を使って二重を作る方法で、メスを使わずに二重整形ができます。俗にいうプチ整形がこれにあたり、気軽に行えるというメリットがあります。さらに両目合わせて20分くらいで短時間に手術が終わるので、気分的にも楽ですね。

また特別製の糸を使った手術なので、元に戻すこともでき、二重の形が気にいらないときは手術をやり直すことも可能です。

これで他の方法よりも費用も抑えることができるので、大変とっつきやすい二重整形方法として人気があります。

埋没法はこんな人におすすめ

  • お手軽に二重になりたい人
  • できるだけ二重整形手術の費用を抑えたい人
  • さも元々二重であるように自然な二重になりたい人
  • メスを使うような仰々しい手術をしたくない人
  • 腫れが少なく、できるだけ早く日常生活に戻りたい人
  • 気に入らなければやり直したい人

切開法

「切開法」ではメスを用いてまぶたの皮膚を切開し、さらにまぶたの中にある組織についても切除や処理などを行い、その後はまぶたの皮膚を縫い合わせて終了です。

なお、整形で二重まぶたをつくる場合、切開法の他に埋没法がありますが、末広型二重整形であれば切開法の方が作りやすいといわれています。

また切開法は半永久的に消えない二重ラインが作れるのも嬉しいポイントです。

これまで埋没法を試してもすぐ取れてしまう方や、施術後は二度と消えない二重ラインがほしいという方におすすめですよ。

平行二重の人の場合

現在「平行二重」の方が「末広二重」にしたい場合はどのような方法があるのでしょうか?

このケースにおけるは末広型二重整形は2種類ありますので、以下をチェックして下さいね。

蒙古ひだ形成

まずは「蒙古ひだ形成」です。
蒙古ひだとは、上まぶたの目頭周辺を覆うひだのことをいいます。

末広二重はこの蒙古ひだがキーポイントになりますので、目の周辺の皮膚を切開し蒙古ひだを形成することで末広二重をつくるというわけですね。

この方法は手術前と比較するとややたれ目になりやすい傾向にあるので、目と目の間隔が狭い方は不向きであるといわれています。

切開で二重の内側を狭くする方法

この方法では、まず、まぶたの目頭側を中心に二重のラインの下にある皮膚を切開します。

そして目頭に向かって二重の線が狭くなっていくように形成することで、もとある二重のラインを修正するのです。

こちらの施術はもともと蒙古ひだをお持ちの方や、目頭側の二重の幅が狭い方に最適といわれています。

末広二重は顔を若々しくみせてくれる

末広二重にする最大のメリットは「お顔を若々しく見せてくれる効果」にあるといわれています。

なぜかというと、末広二重(=蒙古ひだ)のあるまぶたは皮膚に厚みやハリ感があるため、クマが出来にくく皮膚がたるんだりシワが寄ったりしにくいといわれているからです。

そして、年齢は目元に出やすいので、その目元が元気な印象ならば自然と若見えしますよね。

蒙古ひだは私たち黄色人種の特徴でもあり、日本人が欧米の方と比べると若々しく見えるのは末広二重の効果であるともいわれます。

最近目周りのたるみやシワが気になるという方は、末広型二重整形を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

お顔を若々しく見せる効果が期待できる末広二重について、自力でつくる方法と整形手術による方法をそれぞれご紹介させて頂きました。

末広型二重整形を受けるといのは少しハードルが高いと感じられるかもしれませんが、多くのクリニックではしっかりとカウンセリングを行い、それぞれに合う方法を提案してくれます。

カウンセリングだけであれば無料で受けられる場合もありますので、まずは気になるクリニックに足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

サイトマップ